6月, 2019年

6/15低気圧通過による林道、登山道の状況について

2019-06-16

6/15日の夜から6/16日の午後にかけて、夕張岳周辺は大雨と強い風が吹きました。雨は朝には収まりましたが、風は午後まで続き林道に3本ほどの木が倒れていて、一時通行ができませんでしたが、現在は処理しており通行ができる状態です。(16日13:00現在)
林道には強風で折れた枝などが多数ありますので、通行にはご注意下さい。
登山道は未確認ですが、おそらく冷水の沢コースの分岐までと、馬の背コースには新しい倒木がある可能性がありますので、こちらにもご注意ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

林道の開通状況について

2019-06-11

6月10日に空知森林管理署から林道の開通情報に関する発表がありました。

夕張岳登山道(夕張側 に至る国有林林道の通行について http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/apply/nyurin/kisei/yuubaridaketozan.html

夕張岳登山道(夕張側)に至る林道(鹿島林道および鹿島支線林道)について、冬期間林道ゲートを施錠していましたが、登山シーズンにあわせ令和元年6月15日(土曜日)から9月30日(月曜日)までゲート施錠を解除します。

6月9日(日)登山道整備を行いました。

2019-06-09

6月9日(日)登山道整備を行いました。
5月19日に分岐(1100m)まで登った時には、上部は雪がたっぷり残っていましたが、5月下旬に真夏日が続いたこともあり、一気に雪解けが進んだようです。中間部の望岳台手前あたりは雪が最近まで残っていた様子で、例年は見ごろのシラネアオイはまだ蕾の状態の個体も多く、来週15日の小屋開きあたりに見ごろになると思われます。
前岳の下の雪渓トラバースも心配していたほどでもなく、大体例年並みです。トラバース個所は4か所ほどで、注意したいのは1か所です。距離にして5-60mあります。気を付けて通過してください。
馬の背コースに倒木が数本ありますが、いずれも下を潜って通過可能です。馬の背コースにクマの痕跡が一か所ありましたが、上部にはありませんでした。

前岳下トラバースの様子

令和元年度ヒュッテ開きを行います

2019-06-05

令和元年度市営夕張岳ヒュッテ開きを下記の通り開催することとなりました。

1 日 時  令和元年6月15日(土) 午後2時開会
2 場 所  市営夕張岳ヒュッテ前広場
3 ヒュッテ開き次第
 (1) 主催者挨拶、報告
 (2) ご出席の関係者のご挨拶
 (3) 懇 談

Copyright© 2010 ユウパリコザクラの会 All Rights Reserved.