平成29度ヒュッテ開きが行われました

2017-06-19

6月17日(土)平成29年度の夕張岳ヒュッテ開きが行われました。
昨年の3回連続の台風上陸により林道の一部崩壊を受け、8月25日から林道は通行止めの状態が続いています。そのため今年度は、林道ゲートからヒュッテまでは9km以上の行程は徒歩による移動となりました。
そのような状況の中、夕張市教育委員会の今教育長の代理として高橋係長様にご出席いただきました。ユウパリコザクラの会の藤井代表の挨拶に始まり、夕張市教育長代理の高橋係長様が、夕張市の唯一の国指定の天然記念物「夕張岳の高山植物群落及び蛇紋岩メランジュ帯」にふれてお話いただき、夕張岳ヒュッテ管理委員会の長谷川委員長の挨拶と続きました。最後に今年の夕張岳の安全登山を祈願しての乾杯で〆られました。

翌日の18日(日)には高山植物パトロールが行われました。
石原平付近のシラネアオイの群落はほぼ満開です。固有種のユウパリコザクラ(終わりかけ)、シソバキスミレ、ユウバリソウ(7分咲き)も開花していました。山頂付近のエゾノハクサンイチゲも見ごろを迎えていました。
雪渓は先週から50-60cm減りました。トラバースはまだ1っカ所ありますが危険度は下がりました。 馬の背コースに未処理の倒木が2本あります。

Copyright© 2010 ユウパリコザクラの会 All Rights Reserved.